宮古島から海ぶどう



宮古島の海ぶどうをいただきました。
昔に宮古島に行った時には、持ち帰れないと聞いた記憶があるけれど、
いまはこっちで食べることもできるのか・・・

どうやってここまでたどり着いたのだろう・・・?


海ぶどうは、冷蔵庫に入れるとしぼんでしまうそうで、
輸送するにはある程度の温度が必要なのだそうです。
発泡スチロールの入れ物にホッカイロなどを入れて温めたりもするそうです。


タレ付きだったので、まずはさっと洗ってから、
刺身みたいにチョッとタレにつけてから食べてみました。
プチプチした食感と磯の香りが一気に広がります!

洗う時に、最後氷水にさっとつけるとプチプチ感がますます出るそうです。

ただこの量・・・。結構な量だよ、だんだん飽きてくるよ・・・。

ということで、美味しかった食べ方の覚書です。



 

納豆、長芋の千切り、海ぶどう。
海苔としそを乗せて。
納豆のタレを納豆と混ぜておき、食べる直前にちょっとポン酢を垂らして、
よく混ぜて食べます。



長芋のシャキシャキ感と海ぶどうのプチプチ感が合う!
納豆のねばねばも良く絡んでいい感じです。
少しこのようにたんぱく質のものを混ぜると断然おいしいかも。

あと、ポン酢や醤油などの調味料も、食べる直前でないと、
海ぶどうはしぼんでしまうそうです。
洗うのももちろん直前。
室温保存、洗浄・調理は直前、と覚えておこうと思います。



次の日は半額になったマグロの切り落としを購入し・・・

 

マグロ、とろろ、海ぶどう。
海苔としそ。
(昨日とだいたい一緒・・・)

海の幸と合うと思う!マグロが入ると一気におかず感アップ。
マグロにはわさび醤油をまぶじておき、盛り付けて、
食べる直前にポン酢を少々垂らして、よく混ぜて食べます。



ねばねば感とたんぱく質がよく合う、海ぶどう。

ビールの良いおつまみになりました♪


最後に、納豆とビール、食べたことがある方は知っている思いますが、
ねばねばの強いものと炭酸のものを飲むと、
おなかにガスがたまってとっても苦しいので注意です!

納豆をつまみにビールを飲んだ後、ゲップが出なくて苦しいこと苦しいこと・・・(^^;

さて、今日もまだ残っている海ぶどうの消費に励みます。


この記事が気に入ったらいいね!お願いします。

0 件のコメント :

コメントを投稿