おいしいボロネーゼの研究2016

過去記事 ⇒ おいしいボロネーゼパスタの研究

ほぼリライト記事になりますが、HPが一新されたので再び。



茄子とモッツアレラのボロネーゼ。

家族が大好きなパスタメニューです。

もし、おうちで作るミートソーススパゲッティが、
酸っぱかったり、いまいち味が足りないような気になったり、
もっと美味しく作りたいなと思う方は、読んでいただきたいです。


〇玉ねぎ、にんじん、セロリ(なくてもOK)は姿がなくなる・・・と不安になるくらい炒める。
⇒ソフリットを作ってうまみを引き出します。
 ソフリット:香味野菜をオリーブオイルでじっくりと炒めることによって作られる。
       野菜の甘みとうまみを手軽に料理に加えることができ、
       イタリア料理の隠し味として使われる。

〇ひき肉に塩、胡椒やナツメグなどの香辛料を入れて、しっかりとこねる。
⇒後から入れても、お肉に味がつきません。
 作ったミートソースが、なんとなく味が遠い気がして、
 塩を足してもお肉自体に味が付かないという経験ありませんか?
 始めに味をしっかりとつけることが重要!

〇ひき肉は焼き色が付くくらいに炒める!
⇒このとき押し付けるように焼いて、あまりいじらない。
 焼き色が付かないとお肉は美味しくならない。
 あまりいじらずじっくりと。ほぐしすぎず作ると、肉らしい食感もおいしい。

〇バルサミコ酢の煮詰めたものを入れる
 (煮詰めてなくても入れたときにしっかりと水分を飛ばせばOK)。
⇒バルサミコ酢にはうまみが凝縮されている!牛肉との相性も良い。
   
〇トマトペーストを入れてから焦がすくらいの気持ちでしっかりと炒める。
⇒トマトペーストをソフリットに入れて、じっくりと香ばしい香りが漂うまで炒めます!
 断然おいしくなります。

〇トマト缶を入れてから、しっかりと煮詰める。
⇒トマト缶を入れてから、水分がなくなるまで一度しっかりと煮詰めると、
 味が濃厚になり、コクが増します。
 そのあとに水を入れてコトコト煮ましょう。

〇仕上げの作業は別!
⇒使う分のボロネーゼをフライパンに入れて、そこにバター、ゆで汁、
 たっぷりのパルメザンチーズを入れてから、ゆでたパスタと和える。


今回ワインは安い赤ワインとマデラワインを使いました。(赤4:マデラ1の割合)
マデラワインは甘いワインなのですが、少し甘みが加わることで
うまみも増します。




やっぱりボロネーゼは一度ワークショップでやりたいところです!

手順は過去記事をご覧ください♪ ⇒ 


この記事が気に入ったらいいね!お願いします。

0 件のコメント :

コメントを投稿