薬膳ピザ

先日作ってみた、名付けて[春の薬膳ピザ]。





春に活発になる肝に働きかけるピザです。

生地によもぎを練りこんで、
トマトソース、チーズ、生ハム、菜の花をトッピング。
バルサミコ酢を煮詰めたソースをかけて食べました。

本当はここに筍を茹でて乗せたかったのだけど、
まだ高くてとても手を出せなかった・・・(^^;

---------------------------------------------------------------
〇蓬 辛,苦/温/肝,脾,腎
よもぎは、経絡を温めて止血する作用が一番の作用で、
そのほかにも造血、冷えからくる痛み、血の巡りを良くするなど、
女性のトラブルに効く食材です。
辛味で邪気を撃退、肝に入るから春の食材としてぴったり。
練りこんで焼いてみたら、とても香りが良かった!

〇菜の花 辛/温/肝,肺,脾
菜の花も体を温める作用があり、体内で滞った血液の流れを改善する作用があります。
そのほか、炎症を抑える働きにより、おできやニキビなどの皮膚の腫れにも良いです。
辛味で滞っているものを発散、気・血の流れを良くして、
肝に入るのでこちらも春にぴったり。
また、春の食材に多いほのかな苦みは、解毒作用があります。

〇トマト 甘,酸/微寒/肝,脾,胃
身体の余分な熱を冷まして津液(水)を作り、気を巡らせます。
また解毒作用があります。帰経が肝。

〇生ハムの原料の豚肉、チーズは体を潤すので、よもぎと菜の花の「温」の作用から
身体の津液(水分)を守ります。

〇最後にバルサミコ酢で春の味、「酸味」をプラス。

---------------------------------------------------------------

虚弱体質のお友達向け。
やや体を温める方向の春のデトックスピザの完成です(^^)
なん言ってもお味が良い!


そのほかのピザたち。
今回の生地はすべてホシノ丹沢酵母+はるゆたかです。
とにかく生地がうま~い!
ガスオーブン300℃で3分。


定番マルゲリータ



照り焼きチキン



巻いた人の個性が光った生春巻き 奥にある一瞬でなくなった「普通ピザ」(子ども人気一番)



デザートピザ

デザートピザは、チョコクリームにしました。
チョコカスタードを作って、泡立てた生クリームと合わせたもの。
もうお腹いっぱいだったけど、結局食べきる美味しさでした。

ピザは人数が多いときや、大食いの人間が集まったときに
やっぱり使えるおもてなしです(^^)


この記事が気に入ったらいいね!お願いします。

0 件のコメント :

コメントを投稿