ストレス発散、五月病に負けない体づくり 薬膳とフラワーアレンジ ワークショップれぽ

ずいぶん前になりますが、
5/3と5/14にお花の教室ル工房にて、
ストレス発散、五月病に負けない体づくり 薬膳とフラワーアレンジ”と題したコラボ企画にて、
お料理のお仕事をさせていただきました。


そば粉のガレットと薬膳茶を中心としたデザートの提供です。


お茶はその人の体調や体質に合わせてお選びいただきました。

前日に作ったお土産たち。

 

菊花、バラ(マイカイカ)などを使った薬膳茶。
緑茶や紅茶にブレンドしていただきます。

  

ル工房のレトロな器を選んでそれぞれ盛り付け。

私はせっせとお料理を作ります!
   

陰陽五行を中心とする中医学のお話しにも耳を傾けてくださって感謝です。

お料理とお花のコラボの完成です。

 

 


帰りに私も、アレンジとリースを作らせてもらいました(^^)

 

自宅にお花があると、気持ちが和みます...
忙殺されそうな毎日ですが、やっぱりお花のある食卓は素敵ですね!!

あっという間に五月病の季節は過ぎて、もう7月ですが・・・(^^;
次回は夏の養生を中心とした薬膳とお花のコラボが7/10(月)に開催です!


私事ですが、薬膳の学校卒業が9月、あと少しの追い込みの時期となりました。
卒業後は来年4月に国際薬膳師の試験を控える身となるため、
試験対策の日々に突入します。

先日、だいどころらぼで自宅料理教室をやっていたときに通っていただいた方から、
「薬膳に興味があるので、自宅でまたお教室をやらないのですか?」
とご連絡をいただきました。

とても嬉しかったです。ありがとうございます(^^)

いまは外部の料理教室で講師をしているのでなかなか時間がないのですが、 
国際薬膳師を取れたら、また自宅かカルチャーセンターなどで
料理教室を主宰してみようかなと少し気持ちが傾いてきました。
自分のペースで自分のやりたいとおりに、料理に関わるお仕事ができるというのは、
私にとってはかけがえのない喜びです。

いまはどういった形になるかはわかりませんが、
自分のペースで、薬膳のお仕事中心に働けるときがきたら・・・と思います!


と言っても、いまの外部での料理教室の講師業も、とても楽しいです。
毎日たくさんの生徒様と出会い、自分の知りうる限りの料理の知識を話しまくる!
アドレナリン出しまくりの、私の天職です。

普通の(?)料理教室でお料理を教えるお仕事もとても楽しいですが、
やはり、私にとって薬膳は格別なのです。

薬膳の教科書を読んでいると、「黄帝内経」という中国最古の医学書の引用がよく出てくるのですが、
まるで哲学書のようで、人は自然と調和し、どんな精神で、いかに生きるかについて、
深く考察されていて、私は心が揺さぶられます。
今日も非常に素敵な引用と出会い、一日中考えさせられています。

料理をすること、食べること・・・
私にとっては、
生きるということは、食べること。

そんなことないっしょ!!というツッコミが聞こえそうですが、
私はそう実感しているのです。

長くなりそうなのでこの辺にしておきますが(^^;
薬膳に出会って学んだ感動を、いつかみなさまにご提供できる日が来たらいいなと思います!





この記事が気に入ったらいいね!お願いします。

0 件のコメント :

コメントを投稿